ジュエリーバー 無料ラッピングサービスオーダーフォーム

喜平、マリッジリング、ジュエリーのことなら
宝石鑑定士の店【ジュエリーバー】へお任せください

ジュエリーバートップページ > 無料ラッピングサービスオーダーフォーム
       無料ラッピングサービスオーダーフォーム
ラッピングオーダー方法
1. ラッピング方法を選ぶ

簡単包装

簡単包装

自家用でお使いの時など、簡単なパッケージでも良いときにご利用ください。 携帯ジュエリーポーチはお出かけの時にもご利用いただけます。

普通包装

普通包装

当店からお送りする時の一般的なパッケージスタイルです。 ジュエリーにマッチするケースおよびペーパーバッグにお入れしてお届けいたします。

ギフト包装A

ギフト包装A (サンプル)

ジュエリーケースに入れてパッケージしたサンプルです。 ラッピングペーパー、リボンの種類、メッセージカードの種類はお選び頂けます。リボンの形状は、それぞれのパッケージに適したものにさせて頂きます。

ギフト包装B

ギフト包装B (サンプル)

嵩張らないパッケージのサンプルです。リボンの種類、メッセージカードの種類はお選び頂けます。リボンの形状は、当店側で適したものにさせて頂きます。

マリッジ包装

マリッジ包装  (サンプル)

紅白の寿リングケースにお入れいたします。縁起物『鶴の包装紙』でお包みしてお届けいたします。
※この包装はマリッジリング限定です。

桐箱包装

桐箱包装 (サンプル)

厳かな桐の箱にお入れします。さらに紅白寿熨斗で包み縁起物の『鶴の包装紙』でラッピングいたします。
※この包装はエンゲージメントリング限定です。

2. ラッピングペーパーを選ぶ
 
チョコ
ピンク
ポエム
ゴールド
クリスマス
3. ラッピングリボンを選ぶ
レッド 1. レッド
オレンジ 2. オレンジ
ピンク 3. ピンク
紫 4. 紫
スカイブルー 5. スカイB
ベージュ 6. ベージュ
薄茶色 7. 薄茶色
焦茶色 8. 焦茶色
薄緑 9. 薄緑
緑 10. 緑
シルバー 11. シルバー
ゴールド 12. ゴールド
フリルレッド 13. フリルR
フリルホワイト 14. フリルW
15. Xマス1
16. Xマス2
17. 不要
4. メッセージカードを選ぶ
ブルーカード
グリーンカード
ブルー
グリーン
オレンジカード
フラワーカード
オレンジ
フラワー
ドッグカード
雲カード
ドッグ
ドッグカード
雲カード
リボン
バレーシュズ
ドッグカード
雲カード
ドッグ2
クリーム
カード不要
5. ミニ封筒を選ぶ
藍封筒
青緑封筒
青緑
赤封筒
三つ葉封筒
三つ葉
赤封筒
三つ葉封筒
あんず
リボン
あんず封筒
書体サンプル
バレーシューズ
お好きな書体をお選びください
ミニ封筒不要
6. メッセージを選ぶ

■ 次の中に、ご希望のメッセージがあればお選び下さい


 

■ メッセージカードに書く、あなた(贈る側)のお名前をお書き下さい

 

■ 上記以外でご希望のメッセージをお書き下さい。

(20文字位までが目安)

■ フォント(書体)をお選び下さい。

 

  • ゴシック垰

 

  • 明 朝 体

 

  • クラフト墨体

 

 

■ ギフトの場合のお買い上げ明細書の扱いについてお聞きいたします。

 

  • 私(注文者)の住所に、納品書を郵送して欲しい。(品物のお届け先がご注文者様と同一住所の場合は、荷物と一緒に送らせて頂きます。)

 

  • 私(注文者)への納品書の送付は不要。

 

 

  • その他の指示(下欄にお書き下さい)

 

 

■ その他の指示や、当店へのメッセージ欄としてお使い下さい。

 

 

大きさは名刺サイズ、書体はゴシック・明朝・クラフト墨の3タイプ 、文字数は約20文字以内を目安にお考え下さい。

 

また、熨斗のサービスもございますのでご注文の際にお問合せ下さい。

 

 

 

■ お客様のお名前とメールアドレスをご記入ください。(必須)

お  名  前      様

 

メールアドレス   

 

メールアドレス   (再度入力) 

【お知らせ】

 

個人のPCに送られてくる一般メールが【迷惑メールフォルダー】に振り分けられている事例が報告されています。 当店からお送りするラッピング内容確認メールなどもお客様側のメールソフトの設定や機能により自動的に【迷惑メールフォルダー】に振り分けされている可能性もございます。当店からのメールが24営業時間以内に届いていない場合はお客様PCメールソフトの【迷惑メールフォルダー】内をご確認のうえ、当店までお問合せくださいませ。

7. 送信する
   
(C) KEI JEWELRY Corporation All rights reserved since 1999.
このページの最上部へ移動
.