ジュエリーバー 結婚指輪物語

喜平、マリッジリング、ジュエリーのことなら
宝石鑑定士の店【ジュエリーバー】へお任せください

ジュエリーバートップページ > 結婚指輪物語
結婚指輪物語
お二人はご結婚に際し、どうして結婚指輪(マリjッジリング)をしようとされているのでしょうか。それにはちゃんと物語があったのです。いにしえの恋人たちからのメッセージがお二人の持つDNAに深く刻み込まれていたのです。さてそのメッセージとは・・・。

結婚指輪物語 結婚するときに私たちが極当たり前のようにはめるマリッジリング、でも よくよく考えてみると一体どうしてそのような習慣があるのでしょうか。

 

 

のためでしょうか

 

通説によると古代エジプト時代には既に指輪を贈る習慣があったそうです。 エジプトの象形文字で○は「永遠」を意味し、その思いを丸いリングに託し 結婚のセレモニーとして贈られるようになったのでしょう。

 

また左手の薬指にするのにもちゃんとした理由があり、その想いは古代の 花嫁から現代の花嫁へ脈々と受け継がれています。

 

当時のものは何の飾りッけもない鉄の指輪が用いられ、2世紀ごろから 純金製のものに変わっていきました。 やがて9世紀頃からキリスト教の結婚儀式に指輪の交換が取入れられ 世紀の大ブレイクにつながっていったようです。

 

さてさて、私たちの先祖が脈々と育んできた素晴らしいセレモニー、彼らの 子孫である皆様がたお二人は、どのような決意でマリッジリングを身に付け ようとされていますか^^

中学生になったころ、おさななじみの彼が急に眩しくなり『いつかはきっと彼のお嫁さんに』と想い続けていた。

純白のドレスに身を包んだ私の手をそっと取り、素敵な笑顔を浮かべて優しくマリッジリングをはめてくれる彼。

何度も、何度も、夢見たあの頃・・・仕事帰りの雨の中、一人ぼっちのアパートに帰る私の前に突然現れた、大人になった彼。

そのとき私のこころに恋の予感が走った

マリッジリングご紹介
(C) 2000-2008 KEI JEWELRY Corporation All rights reserved.
このページの最上部へ移動
.